エネファームTypeSって?

住宅の光熱費削減のための方法で最も効果があるのが省エネ機器を導入するというものです。

日頃の節約というのはいくら頑張っても限界がありますが、省エネ機器を導入すれば節約ではできないような大幅な光熱費の削減が可能です。

その中の一つで最近人気が高まっているものというとエネファームですね。

エネファームというのは全国のガス会社から発売されていますが、実はその機器というのは1種類ではありません。

2012年に発売されたのがTypeSというエネファームです。

このTypeSというのは従来のタイプとは違った新しいエネファームで、いろんな面で進化しています。

従来のエネファームというのはTypePというものだったのですが、最新のTypeSではまず発電効率が10%近く向上しています

TypeSというのはSOFC型の頭文字であるSを取ったもので、発電する際の電解質にセラミックを使用することで効率を上げています

発電効率が高まったというだけでも非常に大きな進化であると言えますが、さらに従来のタイプと比較すると機器のサイズも小さくなっているというメリットがあります。

ですから、必要な設置スペースが小さくなり、これまでは設置できなかったような場所でも設置できる可能性が増したということになりますね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: メーカー タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク