エネファームとリンナイのハイブリッド給湯器

これから自宅に新しく給湯器を設置したいということになった場合、非常に多くの選択肢があるかと思います。

最近はいろんな機器があって、どれも高効率で光熱費を節約できるとうたっているので悩むところだと思います。

例えばそんな高効率給湯器の一つなのがエネファームです。

エネファームは家庭用燃料電池ということで発電がメインの機器ではあるのですが、実際のところお湯を沸かす時しか発電してくれないので、発電もできる給湯器だと考える方も多いです。

ガスを利用して発電し、その熱を使って給湯を行うわけですが、ガス機器というとリンナイが有名ですよね。

しかしリンナイはエネファームの開発には参入しておらず、独自の路線を行っています

リンナイが次世代の給湯器としてプッシュしているのがハイブリッド給湯システムというものです。

これは、空気の熱を利用してお湯を沸かすヒートポンプ技術と排熱を回収・再利用して熱効率を高めたエコジョーズを併用して高効率を実現しているという給湯システムです。

ハイブリッド給湯システムは電気とガスを組み合わせて状況に応じて最適なエネルギーを使うことで無駄を無くし高いエネルギー効率を実現しているのです。

エネファームとは全く違う給湯器ですが、どちらも気になりますね

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: メーカー タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク