エネファームは電力会社に電気を売れない

これからエネファームの設置を検討されている方からの質問ということで非常に多いのが、エネファームでは発電をして余った電力を電力会社に売ることはできないのか?というものですね。

自宅で発電をした電力を売るというのは太陽光発電システムが普及したことで多くの方に認知されるようになりました。

太陽光発電システムでは発電した電力のうち自宅で使い切れなかった分というのは電力会社に売ることができ、収入とすることができます

エネファームも自宅で発電を行うシステムということで同様の事ができるのではないかと考える方が多いようですね。

しかし残念ながらエネファームでは太陽光発電システムの様に余剰電力を売却するというようなことはできません

まずそういった売電の契約を電力会社と結ばないですから売ることができないわけですね。

だったら発電して余った電気は無駄になるのか、ということになりますが、余剰電力は給湯に回されますので無駄になるというようなことはないので安心です。

給湯をしない時は発電自体が停止しますから電力が余るということはないということになります。

どうしても発電した電気を売りたいということであれば太陽光発電システムと併用してW発電の住宅にすることですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: メーカー タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク