エネファームの設置費用について

自宅の光熱費を節約したい、あるいは地球環境の改善に貢献したいということで、省エネ機器の設置を検討されているという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

省エネ機器というといろんな種類がありますが、例えばエネファームというのもその一つでしょう。

エネファームは天然ガスを用いて発電を行い、さらにその際に出る熱で給湯を行うというものです。

しかしこのエネファーム、2009年に発売されましたが現時点ではそれほど普及しているとは言いがたいでしょう。

というのもエネファームは設置費用が非常に高いというのがネックとなっています。

まず本体価格が当初350万円で発売され、現在でも270万円は必要となっています。

さらにここに設置工事の費用もかかるということで、設置費用がかなり高額になってしまうのです。

国から設置費用に対する補助金が100万円近く出ますが、それでもやはり200万円近くは必要ということになりますから十分高額だと言えますよね。

確かにエネファームは省エネ機器ということで光熱費を節約することはできますが、高額な設置費用を回収するのは相当大変ということになってくるわけですね。

しかも10年間の保証が切れてしまうと修理やメンテンナンスも自費になりますから長年使うのも大変です。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 価格・費用 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク