北海道は寒冷地仕様のエネファーム

最近は日本の将来のエネルギー問題というものに非常に注目が集まっていますね。

発電所の問題というのは大きいですが、日頃一般の家庭で使用するエネルギーを減らすということもエネルギー問題には重要となります。

そこで一般家庭でできる省エネというと、省エネ機器を設置してエネルギー効率を高めるという方法ですね。

例えばエネファームというのもそんな省エネ機器の一つとなります。

エネファームというのは全国で販売されていますが、北海道ガスの場合だと他とは違って寒冷地仕様のエネファームとなっています

やはりこういった機器というのは『熱』を扱うだけあって、外気の温度というのも少なからず影響を受けるわけですね。

ですので北海道の様な寒冷地で使うということになれば、やはりエネファームも寒冷地仕様でなくてはならないということになるわけですね。

なんだか特別な仕様になると高くなるんじゃないかと心配される方もいるかもしれませんが、北海道ガスで販売している寒冷地仕様のエネファームは300万円程度となっており、東京ガスや大阪ガス等他のガス会社とそれほど変わりません

もちろん300万円というのは非常に高額であるということには変わりありませんけどね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク