エネファームの種類について

最近人気が高まっている家庭用燃料電池システムのエネファーム

地球環境にやさしいエコな機器であり、そして毎月の光熱費を節約することができるということで人気となっているのですが、実はこのエネファームに使われる燃料電池というものにはいくつか種類があるというのはご存知でしょうか?

燃料電池というのは水素と酸素をはんのうさせることによって発電を行うものを言いますが、種類によってその性能というのが異なっています

エネファームで従来使われていたのがPEFCという種類の燃料電池です。

これは固体高分子型燃料電池というもので電解質に固体高分子膜を使用しています。

そして最近になって新たにエネファームに用いられるようになったのがSOFCという種類の燃料電池です。

これは固体酸化物型燃料電池と呼ばれるもので電解質にはセラミックを用いています。

このSOFCというのはいくつかある燃料電池の中でも最も発電効率が良いとされており、エネファームの性能の向上に大きな役割を果たしています

2011年の秋あたりから各メーカーでこのタイプが発売され始めており、エネファームの高効率化、低コストか、そして省スペース化が進み、より利用しやすいシステムへと進化しています

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク