エネファームの耐用年数は20年

これからエネファームを設置したいとお考えの方からの質問として非常に多いのが耐用年数に関するものですね。

要はどのくらいの期間使い続けることができるのか、ということです。

エネファームというのはエネルギー効率がよく光熱費を節約することができますが、その反面設置費用が非常に高額であることから、長く使わないとその設置費用を回収することができません

ですから耐用年数が短いようだと困る、というわけですよね。

まずエネファームを設置すれば基本的には最長10年間のメーカー保証がつくことになります。

設置から10年間であれば修理は無償ですし、定期メンテナンスに関しても無償です。

つまり10年間は確実に安心して使えるということになります。

しかし10年で元がとれるとも限りませんから、問題はそこからですよね。

メーカー保証が10年ということはそれ以降は故障の確率も上がると言えなくもないです。

さて、実際にエネファームの耐用年数は何年かということなのですが、これは20年となります

実は、仮に故障等がなく安定して使用を続けたとしても最長20年で自動的に運転が停止するようになっているのです。

これは経年劣化によるトラブルを防ぐためにそういう仕様になっているのです。

ですから最長でも20年のシステムだと考えておきましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク