エネファームの熱交換器について

エネファームというのは家庭用燃料電池システムということで多くの方は発電の部分に期待されているかもしれませんね。

エネファームは発電だけでなく給湯についても力を発揮してくれます

この給湯を行うにあたって重要となっているのが熱交換器という部分ですね。

まずエネファームでは天然ガスを用いて発電を行います

天然ガスから改質器というものを通して水素を取り出し、燃料電池スタックという部分で酸素と反応させて発電をします。

発電した電気はインバータで交流電流に変えて家庭で使用されますが、この発電の際には熱が発生することになります。

そしてこの発電時の熱を捨てるのではなく熱交換器によって回収されて給湯に利用されるのです。

熱交換器を水道水が通ることによってその熱で水道水が温められてお湯になるというわけですね。

ですからエネファームがただの発電システムではなく給湯も行える機器であるのにこの熱交換器というのが非常に重要な役割を果たしているというわけですね。

こういった知識というのは別に知らなくても設置して使っていれば普段意識することなんていうのはありません。

しかし詳しく知っていれば親しみがわきますし、何かトラブルあった際にもどこが悪いのかがわかりやすいでしょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク