2012年選ぶならオール電化かエネファームか

2012年になって原発問題というのも大きく取り上げられることも多く、日本のエネルギー問題に関する関心は高まっています

新たに家を新築する、あるいは自宅のリフォームを行うということになると、多くの方が光熱費の節約のために省エネ機器の導入を検討されるのではないでしょうか。

いろんな省エネの方法というものがありますが、その中でも大きな候補となるが電気を使ったオール電化とガスを使ったエネファームですね。

どちらも自宅の光熱費を大きく削減できる省エネ機器として知られていますね。

2012年現在でこのどちらを設置するのがよりお得と言えるのでしょうか

現時点でどちらか選ぶということになればオール電化ということになるのではないでしょうか。

これは電気の方がガスよりも優れているということではなく、コストと効果を考えるとオール電化の方に軍配があがるというわけです。

というのもエネファームは2009年に発売され2012年でもまだ4年目という新しい機器であり、現時点でまだ設置のためのコストがかなり高額であると言わざるを得ません

たしかにエネファームは効率の良いシステムではありますが、まだまだ価格が下がる余地も性能が向上する余地もあるので、現時点ではオール電化と比較すれば劣ってしまいますね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 比較・検討 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク