ベランダにエネファームを設置するなら

エネファームを自宅に設置導入したいということになれば、当然ですがその設置スペースというのも考えなくてはいけません。

エネファームというのは天然ガスを利用して発電し、さらにその際の排熱を利用して給湯も行うというシステムです。

つまり、発電のための機器と給湯のための機器が二つ設置されるということになりますね。

実際には沸かしたお湯を貯めておく貯湯タンクということになります。

設置場所としてベランダをお考えの方もいらっしゃるかと思います

もちろんベランダへの設置というのも可能ではありますが、設置のためのスペースというのを確保する必要がありますね。

エネファームを設置するためには1.5畳分程度の面積が必要だとされています。

つまりそれだけのスペースをベランダに確保する必要があるということになりますね。

そして貯湯タンクの高さというのもあるので高さも要チェックということになります。

最近は従来のタイプより省スペースのTypeSというものも発売されていますので、そちらであれば多少設置場所も融通が効くのではないかと思います。

あとはベランダに設置した場合、運転中の音などが気にならないかということにも注意しなくてはいけませんね。

寝室のすぐ隣などとなるとちょっと考えた方が良いかもしれません。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 比較・検討 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク