太陽光発電、エネファームと蓄電池の普及

原発問題などの影響で最近はエネルギー問題について考える方が多くなっているかと思います。

特にみなさんがお住まいの住宅に関しての省エネ対策というのは多くの方が考えていることでしょう。

そんな中で住宅の省エネ化というのはいろんな選択肢があります。

例えば最近人気が高いのが太陽光発電システムやエネファームといった効率の高くエコな設備ですね。

太陽光発電システムは言うまでもなく太陽という無限のエネルギーを利用する非常にクリーンでエコなエネルギーですね。

一方エネファームは天然ガスを利用して発電を行い、その排熱を利用して給湯も行うということで、大きな問題となっている電力不足に対しても改善の貢献をすることになります。

太陽光発電システムもエネファームもどちらも自家発電を行うというのが最大の特徴ですが、そこでもう一つ重要になってくるのが蓄電池の存在ですね。

太陽光発電システムにしてもエネファームにしても作った電気を蓄えておくということはできません

使ってしまうか、電力会社に売るかということになりますが、蓄電池があれば作った電気をある程度蓄えておくこができ、なんらかの原因で発電できないという時にも利用することができます

今後は蓄電池の普及というのがこれらの機器の普及にも大きく関わってくるでしょうね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 比較・検討 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク