エネファームは売電できない?

最近人気のエネファームの設置を検討している方というのは非常に増えているかと思います。

しかしその中にはいまいちエネファームについて理解していないという方も多いようですね。

エネファームは天然ガスから水素を取り出して酸素と反応させて発電を行い、さらにその際に発生した排熱を利用してお湯を沸かすというシステムです。

発電を行うということで余った電力の売電ができると勘違いされている方も少なくないようです。

同じようにエコな機器として人気の太陽光発電システムの場合だと余剰電力を売電することができるので、そちらと混同されているか、発電すれば売れるものだと思い込んでいる方もいるのかもしれません

しかし、太陽光発電システムと違ってエネファームの場合には設置にあたってそのようなシステムはなく、電力会社と売電の契約を結ぶということもありません

太陽光発電システムはきちんと電力会社と契約を結ぶことで余剰電力を売ることができるわけです。

だったらエネファームで発電した電力は絶対売ることはできないのか?というとそうでもありません。

どうしても売りたいということであれば太陽光発電システムと同時に設置するダブル発電がオススメです。

同時に設置すれば併せて売ることが可能になります。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 比較・検討 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク