エネファームの熱交換器について

エネファームというのは家庭用燃料電池システムということで多くの方は発電の部分に期待されているかもしれませんね。

エネファームは発電だけでなく給湯についても力を発揮してくれます

この給湯を行うにあたって重要となっているのが熱交換器という部分ですね。

まずエネファームでは天然ガスを用いて発電を行います

天然ガスから改質器というものを通して水素を取り出し、燃料電池スタックという部分で酸素と反応させて発電をします。

発電した電気はインバータで交流電流に変えて家庭で使用されますが、この発電の際には熱が発生することになります。

そしてこの発電時の熱を捨てるのではなく熱交換器によって回収されて給湯に利用されるのです。

熱交換器を水道水が通ることによってその熱で水道水が温められてお湯になるというわけですね。

ですからエネファームがただの発電システムではなく給湯も行える機器であるのにこの熱交換器というのが非常に重要な役割を果たしているというわけですね。

こういった知識というのは別に知らなくても設置して使っていれば普段意識することなんていうのはありません。

しかし詳しく知っていれば親しみがわきますし、何かトラブルあった際にもどこが悪いのかがわかりやすいでしょう。

SponsoredLink
カテゴリー: 基礎知識 | タグ: , , , , , | エネファームの熱交換器について はコメントを受け付けていません。

エネファームの停電対応システムとは?

エネファームというのは家庭用燃料電池システムというものであり、天然ガスを利用して発電ができるという省エネ機器となっています。

発電ができるということで勘違いされる方が多いのですが、実はエネファームというのは停電時には基本的には発電を行うことができなくなります

発電ができると聞くと災害などで電気が停止しても自家発電をすることで電気が使えて安心、と考えてしまうのですが、エネファームは発電のためにも電気を使用するため、停電時は停止してしまいます

この問題を解決するためには停電対応システムを導入する必要があるのですが、この停電対応システムは標準ではついておらず、オプションですので別売で購入、設置する必要があります

どういった仕組みで停電時に運転できるのかということですが、非常に簡単な仕組みで、蓄電池を使用しています。

普段は蓄電池に発電した電気を蓄えておき、災害時の停電などいざという時になったらそこから電力を供給することとなります。

蓄電している電気は設置によって放電して使うこともできますから電気が無駄になるということも防げます

エネファームを設置するなら万が一の災害時など停電の時に備えて停電対応システムの設置も検討しておくとよいでしょう

SponsoredLink
カテゴリー: 基礎知識 | タグ: , , , , , | エネファームの停電対応システムとは? はコメントを受け付けていません。

エネファーム、東京ガスのガス料金について

住宅の光熱費を節約する方法というのはいろいろとありますが、省エネ給湯器などの機器を設置するというのが大きな効果を期待できる方法でしょう。

例えばエネファームというのもその一つです。

エネファームの仕組みは天然ガスを利用して発電を行い、その発電時に生じた排熱を利用して給湯を行うというものです。

自家発電ができることになるので電気代が大幅に節約できます

しかしそれだとガスの使用量が増えてガス料金が高くなるのでは?という疑問が生まれますよね。

確かにガスの使用量は増えることになりますが、その分エネファームを設置している方用の専用料金が適用されるので、ガス料金も抑えることができます

例えば東京ガスの場合であれば『エネファームで発電エコプラン』という料金表が適用されることになります。

東京ガスとは言っても実際のガス料金というのは地域ごとにことなるため、詳細については東京ガスのホームページなどでご確認ください

また、さらにこの専用料金に加え、ガス温水浴室暖房乾燥機を使用した場合は3%の割引、ガス温水床暖房を使用した場合は冬期は10%割引が適用されることになり、さらにガス料金がお得になるようになっています。

この割引は申し込みが必要ですので、忘れずに申請を行いましょう

SponsoredLink
カテゴリー: 価格・費用 | タグ: , , , , , , | エネファーム、東京ガスのガス料金について はコメントを受け付けていません。

エネファームは売電できない?

最近人気のエネファームの設置を検討している方というのは非常に増えているかと思います。

しかしその中にはいまいちエネファームについて理解していないという方も多いようですね。

エネファームは天然ガスから水素を取り出して酸素と反応させて発電を行い、さらにその際に発生した排熱を利用してお湯を沸かすというシステムです。

発電を行うということで余った電力の売電ができると勘違いされている方も少なくないようです。

同じようにエコな機器として人気の太陽光発電システムの場合だと余剰電力を売電することができるので、そちらと混同されているか、発電すれば売れるものだと思い込んでいる方もいるのかもしれません

しかし、太陽光発電システムと違ってエネファームの場合には設置にあたってそのようなシステムはなく、電力会社と売電の契約を結ぶということもありません

太陽光発電システムはきちんと電力会社と契約を結ぶことで余剰電力を売ることができるわけです。

だったらエネファームで発電した電力は絶対売ることはできないのか?というとそうでもありません。

どうしても売りたいということであれば太陽光発電システムと同時に設置するダブル発電がオススメです。

同時に設置すれば併せて売ることが可能になります。

カテゴリー: 比較・検討 | タグ: , , , , , | エネファームは売電できない? はコメントを受け付けていません。

エネファームの耐用年数は20年

これからエネファームを設置したいとお考えの方からの質問として非常に多いのが耐用年数に関するものですね。

要はどのくらいの期間使い続けることができるのか、ということです。

エネファームというのはエネルギー効率がよく光熱費を節約することができますが、その反面設置費用が非常に高額であることから、長く使わないとその設置費用を回収することができません

ですから耐用年数が短いようだと困る、というわけですよね。

まずエネファームを設置すれば基本的には最長10年間のメーカー保証がつくことになります。

設置から10年間であれば修理は無償ですし、定期メンテナンスに関しても無償です。

つまり10年間は確実に安心して使えるということになります。

しかし10年で元がとれるとも限りませんから、問題はそこからですよね。

メーカー保証が10年ということはそれ以降は故障の確率も上がると言えなくもないです。

さて、実際にエネファームの耐用年数は何年かということなのですが、これは20年となります

実は、仮に故障等がなく安定して使用を続けたとしても最長20年で自動的に運転が停止するようになっているのです。

これは経年劣化によるトラブルを防ぐためにそういう仕様になっているのです。

ですから最長でも20年のシステムだと考えておきましょう。

カテゴリー: 基礎知識 | タグ: , , , , , | エネファームの耐用年数は20年 はコメントを受け付けていません。